【まだ間に合う】双子を妊娠したら保険に入る理由。無料保険相談が安心。

双子を妊娠したら保険に入ろう妊娠・出産

 

20代女性

・双子妊娠したけど、保険に入ってなかった…。
・今入っている保険が不安…そもそも保険って必要?

 

結論、双子妊婦さんは保険に入っておくと損がないです。
そもそも自分で保険を選ぶのは難しいので、無料保険相談で自分にあった保険に入るのが安心です。

 

本記事では、

・双子妊娠で保険が必要な理由
・双子妊婦がかかる費用について
・今からでも入れる保険の選び方

について、実際に双子を妊娠・出産したわたしがまとめました。ぜひ最後までよんでみて下さいね。

双子妊娠で保険が必要な理由2つ

ふたごのあかちゃんの画像

もりー
もりー

保険が必要な理由はこの2つ。

・妊娠中も出産時も入院が長期化する可能性が高い
・出産方法によって手術給付金がもらえる

入院が長期化する可能性が高い

まずひとつめに、双子は妊娠中も、出産時も入院が長期化する可能性が高いです。

妊娠中、出産時にわけて説明します。

妊娠中

双子妊娠中は、1児の妊娠と比べてさまざまなリスクがあります。

・早産
・胎児発育不全
・胎児奇形異常
・子宮内胎児死亡
・妊娠糖尿病
・妊娠高血圧症候群
・血栓症

こんなに?!

また、こんなデータもあります。

37週未満の早産は、単胎4.7%に対して双子が50.8%

引用:厚生労働省 多胎児支援のポイント

もりー
もりー

半分以上の双子妊婦さんが早産で出産しています。

そのため切迫早産の防止など、厳重な管理が必要となる双子妊婦は2~3ヶ月の長い管理入院となり、費用が膨らむ可能性が高いんです。

出産時

ふたごの出産方法は経膣分娩と帝王切開の2通りありますが、帝王切開の割合が約70%です。

引用:日本多胎支援協会 ふたごナビより

7割も帝王切開なんだ!!

また、経膣分娩を予定していても、母体や赤ちゃんに異常があると緊急で帝王切開となります。
初めから帝王切開しか受け付けていない病院もあるくらい、基本的には帝王切開です。

もりー
もりー

帝王切開は経膣分娩と比べて回復に時間がかかるので、3~5日入院日数がのびます。

だから費用が膨らむんだね。

出産方法によって手術給付金がもらえる

出産時に帝王切開となった場合は、手術扱いとなる為、保険に入っているだけで手術給付金の対象となります。

もりー
もりー

要は、帝王切開になったら保険からお金がでるってことです。

また、経膣分娩でも給付金支給の対象となることがあるので、保険に入っていて絶対に損はないです。
関連記事 【吸引分娩で保険適用された話】双子経膣分娩で給付金もらえました

 

再度まとめると、双子妊婦は

・入院が長期化し、費用が膨らむ可能性が高い
・帝王切開になると手術給付金がもらえる

この2つの理由から保険が必要なことが分かります。

双子入院費用平均

30代女性

でも入院費用ってそんなにかかるものなの?

管理入院した場合と、帝王切開の出産となった場合とにわけて説明します。

切迫早産で管理入院した場合

健康保険が適用される切迫早産の場合、入院費用は約1~2万円(日額)が一般的です。仮に30日入院した場合は30~60万円、60日だと60~120万円にものぼります。

引用:資産ハカセ【徹底解説】妊娠中の入院費用と保険より

少なくても1ヶ月で30万、2ヶ月で60万かかります。

もりー
もりー

国からの補助もないし、これは痛い。

帝王切開で入院した場合

異常分娩とは、帝王切開や吸引分娩、鉗子分娩などを指し、通常分娩とは違い健康保険が適用されます。しかし、それでも通常分娩より実費は10万~20万円ほど多くなるでしょう。総額平均値は50万~75万円

引用:はいチーズ!clip 出産費用は平均でいくら? 相場・補助金・保険、出産にかかる費用を徹底解説!より

健康保険が適用されても、50万程度かかります。

もりー
もりー

50万円かかったとしても、出産育児一時金と、手術給付金が受け取れたらかなりプラスになりますよね。

双子妊婦が入れる保険の選び方

あかちゃんの画像

以上、

・長期入院にかかる費用をカバーすることができる
・出産時に給付金が受け取れて得をする可能性が高い

ことから、双子を妊娠したら医療保険に入っておくと損がないことが分かりました。

条件はありますが、保険に入っていない人も、妊娠中にはいれる保険があります。
今のうちに入っておきましょう。

もりー
もりー

とはいっても自分にあった保険を選ぶのって難しいですよね…

そんな方は無料の保険相談をしておけば安心です。

あなたにぴったりな保険を、納得いくまでプロが何回でも相談に乗ってくれます。
後々、後悔しないように、いまのうちですよ。

自粛ムードが続くご時世では、保険のプロが自宅まで来てくれる訪問型が安心ですね。
関連記事【最新版】おすすめ無料保険相談ランキング【双子妊婦さん向け】

あなたにぴったりな保険が見つかりますように。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました