双子の出産費用は2倍?でていくお金、もらえるお金をまとめました。

双子出産費用妊娠・出産

双子ということは出産費用も単胎妊娠の2倍かかるの?!とお悩みの双子妊婦さん。

分かります、双子妊娠当時はわたしも不安な気持ちになりました。

結論をいえば双子の出産費用は2倍かかるわけではありませんのでご安心ください。

 

本記事では、

・双子出産で実際にかかった費用
・双子出産にてもらえたお金

についてまとめました。

これから双子の出産を控えている方はぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

双子出産で実際にかかった費用

あかちゃんの画像

まず前提として、わたしは

・大学病院での出産
・経膣分娩(吸引あり)
・陣痛促進剤使用
・個室に9日間入院

です。双子は2児とも2500g以上で産まれたためNICU(新生児集中治療室)へは入っていません。

気になる明細はこちら↓

出産費用明細

 

合計は528,190円でした。

わたしは双子妊婦としては安定しており、出産前日まで家にいました。

そのため、切迫早産による管理入院費などの費用は含まず純粋な出産のためだけの費用になります。

出産費用の全国平均は6日間入院で48万円前後。(部屋代含まず)

出典:厚生労働省保険局
出産育児一時金の見直しについて

 

今回わたしがかかった52万円は、双子出産、そして部屋代込みの費用なので意外と安かったな、という印象です。

 

後で説明しますが、出産育児一時金によりこちらのお金も相殺され、実際の窓口での会計は0円でした。

 

参考までに、妊婦検診の費用の合計は約3万円でした。
関連記事双子妊婦の検診頻度と費用のまとめ。【全費用を公開しました】

双子出産にてもらえたお金

あかちゃんの手

わたしが出産した時、実際にもらえたお金は

・出産育児一時金
・民間の医療保険の給付金

の2つです。

出産育児一時金

国民保険・健康保険の加入者であれば既婚者も未婚者ももらえます。

一児につき42万円もらえるため、

双子の場合は2倍の84万円

支給されました。

 

直接支払制度(*)の病院だった為、窓口での支払いは0円。
後日、84万円-出産費用53万=31万円 が返金されました。

*直接支払制度・・・健康保険組合が直接、医療機関に対して出産育児一時金を支払う制度。これにより、医療機関の窓口で支払う出産費用は出産育児一時金を上回った額のみとなり、あらかじめ多額の出産費用を用意しなくて済みます。

出産育児一時金

↑左が直接支払制度により産院へ支払われた額。右は返金された額。

 

ちなみに31万円が返ってきたのは3ヶ月と20日後。すぐに返ってくるわけではないので注意が必要です。

 

返金の申請方法については、今回は割愛しますが、国民健康保険の場合は、お住まいのある自治体に確認しましょう。

共済組合、健保組合等に加入している場合は、会社の総務部など保険の業務を行っている部署に確認しましょう。

必要な書類や手続きをする時期を教えてくれます。

スポンサーリンク

民間の医療保険

みなさんが自分で加入している民間の医療保険は、通常帝王切開の場合でしか給付金がおりないと思われがちですが、わたしの場合は赤ちゃんを吸引をしてもらったことが手術扱いとなりました。

そのため、後に保険会社に申請して、合計19万円の保険給付金をもらうことができました。
関連記事【吸引分娩で保険適用された話】双子経膣分娩で給付金もらえました。

あらかじめ、自分の入っている保険会社の保険適用を確認しておくといいですね。

 

ちなみに帝王切開の場合は・・・

・医療費の自己負担3割
・高額療養費の適応

となります。

帝王切開となった場合は健康保険が適用され、医療費の自己負担は3割になります。

 

さらに高額療養費という制度も利用できるので、一定金額を超えた分の負担はありません。(ただし、事前・事後に健康保険組合に対して申請が必要です)。

 

いずれにせよ、双子妊婦は経膣分娩を予定していても、途中で帝王切開となるリスクが高いです。

 

あらかじめ、高額療養費が適応になる「限度額適用認定書」の申請をしておくことや、医療保険に加入しておくと後悔しません。
関連記事まだ間に合う】双子を妊娠したら保険に入る理由。無料保険相談が安心。

産休中にしておくと安心です。

双子出産費用は意外と黒字!制度を利用しよう

診断書

今回は双子出産でわたしが実際にかかったお金ともらえたお金を公開しました。

 

双子の場合は出産育児一時金が2倍もらえるので、多くの人が黒字になるのではないでしょうか。

 

わたしの場合は経膣での出産でしたが、帝王切開での出産となると、各種制度の適用によりさらに返金される額は大きくなります。医療保険の見直しもして、損をしないようにして下さいね。
関連記事【最新版】おすすめ無料保険相談ランキング【双子妊婦さん向け】

双子の出産といっても制度をきちんと利用すれば、多額のお金がいるわけではないので安心してくださいね。

みなさんが安心して出産にのぞめますように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました