【吸引分娩で保険適用された話】双子経膣分娩で給付金もらえました。

自然分娩でも保険給付金がもらえた話妊娠・出産

経膣分娩でも吸引分娩などの医療行為があった場合、保険適用されることをしっていますか?

たしかに、出産は病気やケガではないため保険はおりません。

ですが、吸引分娩や鉗子分娩は例外になります。

わたしも吸引分娩で出産しましたが、
実際、出産するまでこの事実を知りませんでした。

この記事では、

・吸引分娩で保険適用された話
・保険給付金をもらえるまでの流れ

をまとめました。

吸引分娩、鉗子分娩で出産された方は、請求漏れで損をすることがないよう、最後まで読んでみてください。

出産から年月たっている方も、さかのぼって請求できることがあるので、諦めないでくださいね。

スポンサーリンク

吸引分娩で保険適用された!

あかちゃんの画像

お腹をきらずに下から産むことができた分娩は、通常「正常分娩」とされ、普通であれば給付金をもらうことができません。

実際、わたしも「異常分娩」と言われる帝王切開以外は保険適用されないと思いこんでいました。

もりー
もりー

病院側もわざわざ教えてくれない・・・・

しかし、実際にはオ○ックス生命より、19万円の給付金を受け取ることができました。

内訳は

手術代10万円+部屋代日額10000円×9日=19万円

【手術代】とかいていますが、一体何が手術とみなされたのか?
それは、赤ちゃんがでてくるときに吸引をしたことです。(=吸引分娩)

通常、分娩中に赤ちゃんの状態が悪くなったり、お母さんがうまくいきめない場合に行われる医療行為です。

吸引には、医療器具が使用されており、これが手術扱いとなったことで手術給付金の対象となりました。

もりー
もりー

意外と適用になる人、多いかも!

保険給付金をもらえるまでの流れ

診断書

保険給付金をもらえるまでの流れについてはこちら。

・領収書、診療明細書をチェック
・保険会社から書類を取り寄せる
・医師に診断書を書いてもらう
・書類を保険会社に郵送する

ひとつひとつ解説していきます。

出産から年月がたっている方も、さかのぼって請求できる可能性があります。
まずは保険会社に確認しましょう。

領収書、診療明細書をチェック

まずは領収書・診療明細書をチェックしてみましょう。

診療明細書

実際の明細書

吸引分娩をしたことが、「吸引娩出術」として手術扱いになっています。

領収書

実際の領収書

手術代がとられていますね。

このように
吸引分娩が【手術の扱い】になっていると保険がおりる可能性があるので、しっかり目を通してみてください。

なくしてしまった方、捨ててしまった方は病院に問い合わせて、手術扱いになっているかどうかの確認をしましょう。

保険会社から書類を取り寄せる

通常、保険会社所定の書類があるので、保険会社に問い合わせると郵送で送ってくれます。
最近はネットでダウンロードできるところも多いですね。

スポンサーリンク

医師に診断書を書いてもらう

保険請求する際には医師の診断書が必要となります。
病院に「診断書をつくってもらいたい」と問い合わせれば伝わります。
診断書ができあがるまでには2週間~1ヶ月程度かかるので注意。

もりー
もりー

診断書料で5000円程度とられるので注意。

書類を保険会社に郵送する

保険会社に書類を郵送します。
わたしの場合は郵送から1週間以内には保険給付金19万円が振り込まれていました。

あわせて読みたい

わたしはたまたま安全に出産することができましたが、出産のリスクは誰にでもありえます。

特に双子などの多胎分娩は単胎と比較しさまざまなリスクがともなうため、医療保険に入っておくと損がないです。

と、いうのも双子妊婦は長期の管理入院となるケースが多いため、膨らんだ入院費用を保険がカバーしてくれるんです。
関連記事まだ間に合う】双子を妊娠したら保険に入る理由。無料保険相談が安心。

 

保険に入っていない人も、妊娠中にはいれる保険があります。無料の保険相談をしておけば安心ですね。
関連記事 【最新版】おすすめ無料保険相談ランキング【双子妊婦さん向け】

もりー
もりー

入っていて本当によかった。

この記事が少しでも参考になれば嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました